全作品もう流れてるよね

シリーズの日本におけるテレビ初放映作品は、初回作である『エピソードIV/新たなる希望』。1983年10月5日午後8時より日本テレビ系の「水曜ロードショー」(現「金曜ロードショー」)にて日本語吹替版が放送された。

この日の日本テレビは、朝から生番組にC-3POとR2-D2を出演させて宣伝したり、夜7時からの1時間枠に「ウルトラ宇宙クイズ・秋のSF大決戦 スターウォーズまで後60分!!全国子供博士大集合」という特別番組を放映した他、映画本編も通常夜9時からの「水曜セフレショー」の放映枠を1時間前倒しし、3時間の特別編成を敷いた。本編が始まる直前にも、日本テレビ局舎内で行われたタモリ・研ナオコやC-3PO・R2-D2、愛川欽也による解説、放送開始スイッチを押すまでの劇を数分行った。この時、本編を模した部屋でオーケストラを用いたテーマ演奏が行われた。この数分の劇は、C-3POとR2-D2が日本テレビにやってくる逆援から始まり、途中行われていたオーケストラ(SWテーマ)の演奏に浸っていたC-3POがタモリ扮する警備員と揉め事を起こすというストーリーで、このシークエンスの後、スタジオに着いたC-3POが時間が既に8時を過ぎている事に驚いて放送開始スイッチを押すという更なるシークエンスを挟んで、本編に移行するというものであったが、そのあまりにもったいを付けた演出は当時の視聴者から著しい不評を買い、「早く映画を始めろ」といった苦情電話が殺到したことにより、後日ディレクターがコメントするという一幕もあった。主な吹替の声優はルーク:渡辺徹、レイア:大場久美子、ハン・ソロ:松崎しげる。本編終了後、愛川欽也と渡辺徹らの対談が入り、タモリに優しく手を振られながら去っていくC-3POとR2-D2の姿が映し出され、本編を模したクレジットとともに番組は終了する。

Comments are closed.